B型肝炎の症状と対応について

昭和16年7月2日以降に生また方へ まずは検査を受けましょう

自覚症状が無くても、感染している可能性があります!

B型肝炎給付金制度は,満7歳までの集団予防接種時や、出生時(母子感染)などにB型肝炎ウイルス(HBV)に持続感染した方を受給対象にしています(成人後の感染による持続感染者は除外しています)。
抵抗力の少ない乳幼児が、B型肝炎ウイルスに感染すると、体内からB型肝炎ウイルスを排除することができず、生涯、慢性肝炎や肝硬変、さらに肝ガンの発症を心配しなくてはならないからです。

※ほぼ生涯に渡って続く感染のこと。

こんな症状の方が受給の対象になります

図
要注意! 肝臓は“沈黙の臓器”です

肝臓は、弱っていても自覚症状が無いことが多いため“沈黙の臓器”と呼ばれています。
それで、B型肝炎ウイルスに感染し発症していても、自覚症状が無い方が多いのです。
しかし、感染に気付かないまま放置すると、肝硬変や肝がんなどに重症化するリスクが高まります。

すでに発症・重症化しているかもしれません

今まで肝炎ウイルス検査を受けたことのない方は、ぜひ受けることをお勧めします。
  • ・会社やお住まいの市区町村の検診の他、保健所でも低額 (自治体によっては無料) で検査が受けられます。
  • ・肝炎の検査についてのパンフレット (厚生労働省作成) が、厚生労働省ホームページからダウンロードできます。
ダウンロードページへ

B型肝炎の進行別症状と対応

無症候性キャリアの症状と対応

今のところ発症していないので、症状はありません。しかし、小さな時にB型肝炎ウイルスに感染しているので、いつ発症するかわかりませんし、ご家族が二次感染する可能性もあります。定期的に検査したり、ご家族間の感染防止の為の医療的な処置を講じる必要があります。⇒支給対象者と認定されると、給付金の他に、定期検査費や医療費も支給されます。

給付金額と費用について
慢性B型肝炎の症状と対応

慢性肝炎は、急性肝炎と違って、徐々に肝臓が破壊されていくため、倦怠感、食欲不振、微熱などの自覚症状のない方がほとんどです。しかし、自覚症状がなくて感染に気付かずに放置していると、肝硬変や肝ガンなどの重い肝臓病を発症するリスクが高まります。肝炎が急速に進行・劇症化すると、悪心・嘔吐、褐色尿、黄疸、肝臓肥大による右背中の痛みなどの症状が出ます。
現在のところ、B型肝炎ウイルスの活動を抑え、沈静化する治療法はありますが、B型肝炎ウイルスを完全に除去する方法は確立されていません。再発したり、肝硬変や肝ガンに移行しないよう、定期的に検査を受けて経過を見続ける必要があります。

肝硬変の症状と対応

肝硬変になっても、初期のうちはまだ自覚しない場合があります。一般的な肝炎の症状の他に、体のむくみ、腹水、手の平が赤くなったり震える、首や頬などの赤い斑点といった症状が出ることがあります。
B型肝炎ウイルスが原因の肝硬変の治療は、薬で肝機能の改善を図るか、肝移植になります。慢性肝炎と言われたら、定期的に肝機能検査をして、肝硬変に移行しないよう注意する必要があります。

肝ガン

肝炎や肝硬変と同様、初期にはほとんど自覚症状がありませんが、倦怠感、腹痛、食欲不振、腹部の張り、発熱、急激な体重減少などが挙げられます。さらに進行すると、みぞおちにしこりを感じたり、黄疸が見られたりします。慢性肝炎や肝硬変の場合も同様の症状がありますので、いずれにしても専門医の診断を受け、適切な処置を受ける必要があります。
慢性肝炎や肝硬変などの合併症がある方は、手術がむずかしいと言われていましたが、研究が進み、有効な治療法が開発されています。

「みお」の医学的知識と、豊富なB型肝炎訴訟の経験がお役に立ちます

肝臓の病気は、自覚症状がなかったり、症状が進行したりするので、素人判断はむずかしいだけでなく、危険です。医師ですら判断を誤る事があります。専門的な医学知識やカルテの分析力、4年間で2,500名以上※の相談実績を誇る、「みお」の弁護士にお任せください。
医師に慢性肝炎ではないと言われた場合でも、カルテを分析することで慢性肝炎として和解することも可能です。その場合、当初『無症候性キャリア』(給付金額50万円)に該当すると思われていた方が、『慢性肝炎』で1,250万円の給付金を支給される結果になります。

ご相談はお早めに!

発症後、提訴までに20年が経過すると、支給額が1/4になることもあります。
なお、B型肝炎給付金請求の制度は、平成34年で終了します。

給付金額と費用について

訴訟を提起する時期が、カルテ上から判明する肝炎発症時から20年のラインで、給付金額が大幅に減額されますのでご注意ください。

B型肝炎について
B型肝炎給付金請求ナビ | 弁護士法人 みお綜合法律事務所
お電話でもご相談・資料請求できます 0120-7867-30 「請求サポートセット」進呈中 B型肝炎給付金請求の手続きに必要な書類収集方法がわかる!
説明会に行けない方や、近くに相談でいる法律事務所がない方へ B型肝炎給付金請求 Web説明会 弁護士がムービーで「B型肝炎給付金制度」をご説明します 弁護士のフォロー付き

給付金請求に関するチェックシートもご用意しました。