B型肝炎ウイルス検査を受けられる施設

昭和16年7月2日以降に生また方へ 検査を受けてみましょう

感染していても自覚症状がなく、急激に重症化することもあるのが、肝炎ウイルスのこわいところです。
感染しているかどうか、今まで一度も検査を受けていない方は、ぜひ一度受けることをおすすめします。
(自治体の助成により、多くの場合検査は無料です。)

★お住まいの自治体名 (都道府県・市町村) から、肝炎検査を受けることができる施設が簡単にわかります。

お綜合法律事務所が独自調査:B型肝炎の検査対応いただける専門医療機関の調査報告 西日本の肝疾患専門医療機関に対してアンケートを行いました。
肝炎ウイルス検査マップ

(国立研究開発法人国立国際医療研究センター肝炎免疫研究センター肝炎情報センターが運営するサイト)

ウイルス性肝炎や検査についての情報も見ることができます。

感染しているとわかったら
精密検査や定期検査が必要です。

早期治療や重症化予防のために、肝臓専門医の診察を受けましょう

★初回精密検査や定期検査費用の助成をしている自治体もあります。

肝炎ウイルス検診の結果が陽性であった方は、専門医療機関において肝炎ウイルスの初回精密検査や、
定期検査を受けた際の、医療費自己負担分の助成を受けることができます。

治療が必要とわかったら
各自治体が、治療費の助成制度を実施しています。
肝硬変や一部慢性肝炎の方の支援制度があります。
その他の参考ページ

B型肝炎ウイルスに感染しているとわかったら、ご相談ください。

あなたは、給付金支給対象者かもしれません。

無料説明会開催のご案内
B型肝炎について
B型肝炎給付金請求ナビ | 弁護士法人 みお綜合法律事務所
お電話でもご相談・資料請求できます 0120-7867-30 「請求サポートセット」進呈中 B型肝炎給付金請求の手続きに必要な書類収集方法がわかる!
説明会に行けない方や、近くに相談でいる法律事務所がない方へ B型肝炎給付金請求 Web説明会 弁護士がムービーで「B型肝炎給付金制度」をご説明します 弁護士のフォロー付き

給付金請求に関するチェックシートもご用意しました。